お久しぶりです。
オープンをお待ちいただいている方々には大変申し訳ありませんが、今しばらくお時間を下さい。


写真撮影に時間が掛かるのもそうなのですが、今は産卵ラッシュ。

卵をとって、別容器で孵化させて、ブライン沸かして、親の水換え…



当たり前ですがなかなかの作業量なのです。



そしてこれもまた当たり前ですが、容器が足りなくなり…

購入したところで、置き場所の確保…

2014-05-16-14-27-45





こちらでも作業に追われております。




それでも取り敢えずは今月末迄にはオープン出来そうです。

現在孵化中の針子が販売できるのは7月頃でしょうか。

あまり小さいと、輸送中の水流で背骨が骨折したりしてしまいます。
飼育場で通常の水交換すら躊躇するほど繊細ですから。

そんなサイズだと到着時にはすでに弱ってしまったり、星になってしまう可能性が高くなってしまうのです。



それにしっかりしたグレード(色の濃淡、ダルマ・半ダルマなど)を見分けるにも、それなりのサイズにならないと判断はできません。

筑波めだかではそういったこだわりがあるので、成長までの時間をいただくことをご理解ください。




月末から販売できるのは、昨年秋に孵化して越冬したメダカ。
そろそろ産卵出来そうなサイズです。


越冬という環境を経験した個体なので、丈夫さは折り紙つき。
あとは成長期の寒さで骨に影響がないか、そこをしっかりと選別してお届けします!



まだまだ桶が増えそうです。

楽しみにしていて下さい!!


【筑波めだか】の販売ページ

前略

皆様へ



もしかして、茨城県=田舎というイメージをもっていませんか??



常磐道で銀座まで40分程度。

つくばエクスプレスで秋葉原まで50分程度。

結構都心へのアクセスは悪くないんです。


科学万博の名残からJAXAという宇宙研究機関はありますし、天皇陛下も視察にいらしたほど。

それだけではなく気象庁の研究機関も、農作物の機関も、国土地理院も、とにかく沢山の研究機関があります。

道はかなり広く整備されて、街路樹なんかも一直線にビシッと丁寧に植えられていたりするのです。

実はなかなか小洒落た都市なんですよ。




そんな茨城県つくば市の田園風景がこれ


2014-05-07-09-16-32




…期待を裏切らない超田舎っぷり(笑)







西陽を遮る建築物もほとんど無く…
2014-05-06-17-38-35




悔しいですが茨城県=田舎は正しい認識です。

そりゃそうだっぺよ。







そんな田舎だからこそ、いまでもこんな小川があります。
2014-05-07-09-16-24


2014-05-06-17-39-05



天然のメダカもいましたよ。
普通の茶メダカで、幸いにも光ったり赤かったりはしていませんでした(笑)



私も子供の頃はこういう場所に瓶樽を仕掛けて、タナゴとかクチボソとかを捕ったものです。







タナゴと言えば、今年から筑波めだかを店頭販売させて頂く「新取手駅前まんぼう」さん。


まんぼう店主オススメ商品として、カネヒラが入荷していましたよ!


2014-05-05-16-12-05




子供の手の平くらいある大きさです。
尾ビレから体側にのびるエメラルドグリーンの輝きがなんとも言えない美しさですよね。
ヒレ先の赤いグラデーションも。




メダカもタナゴも、熱帯魚のように飼育にそれほど手間が掛からないのも魅力。

このカネヒラはちょっと大きいですが、広めの水槽ならタイリクバラタナゴとメダカの混泳も可能ですね。

田砂など敷けばいい雰囲気です!


上見が多いメダカですが、レイアウト次第では横見での魅力も引き出せますね!


草々


【筑波めだか】の販売ページ

東天光という名で親しまれている楊貴妃ヒカリ体型です。


ヒカリ体型なのでどうしても背曲がりの個体が出現してしまいます。
先天的に曲がっている個体もあれば、成長と共にその特徴が表れてしまうこともあります。


筑波めだかでは段階的に選別を行い、お手元に届く個体に背曲がりがないように細心の注意を払っています。
当然ですが…。



筑波めだかは楊貴妃の赤さが自慢なんです。

その自慢の楊貴妃から派生した、この楊貴妃ヒカリ体型。
もちろん、赤みの濃さも引き継いでいてくれています。


選別中にパチリ

IMG_8653


どうですか??

なかなかの赤さでしょう??


通常ヒカリ体型になると体色は薄くなるのですが、この楊貴妃ヒカリ体型は自慢できる赤さをキープしています。
筑波めだか自慢の血統のひとつなんです。

今年も背曲がりなく、極力赤い個体を作り続けていきます!



そうそう。


筑波めだかの楊貴妃は……








もっと赤いです!!


【筑波めだか】の販売ページ

以前に紹介した琥珀ヒカリ


肉眼では深い琥珀色なのですが、写真だと照明の関係もあってかどうも飛んだ感じでした。

ようやく肉眼に近い色で撮れました!


まずは前回のビフォー

2014-04-13-17-54-06






こちらが新作
アフターです!!




2014-04-29-17-18-02




もう一丁!

2014-04-29-17-19-16





なんとゆうことでしょう



尾びれの発色は前回も綺麗でしたが、今回は頭頂部の琥珀色が伝わるでしょうか?


ヒカリ体型なので横見はもちろん威風がありますが、この琥珀ヒカリは上見でもかなり渋味のある品種です。



普通体型の琥珀だとちょっと地味かな??って思う時もありますが…

そこはヒカリ体型。
上から見た時にキラリと輝く部分が琥珀色のコントラストもあってとても綺麗です。




上からの写真は後日ショップページにアップしますね!!

【筑波めだか】の販売ページ

ここ数日、かなり天気がいいですね!

野外飼育池の水温も適温で安定しているためか、どの種類も活性が高く元気いっぱいです。


中でもこの子達↓

2014-04-23-11-34-01


楊貴妃透明鱗パンダ


餌くれダンスが強烈です(笑)

人影が右へ左へ動く度に、奴らも水面を波だてながら右へ左へ大移動。




……

………そんな可愛いことしたってね…



餌は適量しかあげませんよ!





【筑波めだか】の販売ページ

↑このページのトップヘ