このバナー、ポチッと押してください!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

またまたご無沙汰ですが、この冬はまだ扁桃腺の調子がいい筑波めだかです。

あっという間に茨城県南地方ももう氷が張る気温です。
水深の浅い容器で外飼育している方は、朝晩だけでも蓋をするとだいぶ違いますよ。
理想はそこそこ水深と水量のある容器がいいですけどね。

今年も残りわずかで氷も張ったとなると、触る桶も限られてきます。
そんな中でもパチリと撮ったメダカ。

特に今年は非透明鱗三色が注目されてましたね。
透明鱗は「頬が透けている」という特徴があります。
では「頬が透けていなければ非透明鱗か」と言われれば、それも違います。


でもそこをごっちゃにして頬だけに注目して非透明鱗として販売してしまう場合もあるそうで。
定義があいまいだったり、まとめる人がいないから仕方ないかもしれないですが…


筑波めだかでも数年前から、ちゃんとした非透明鱗三色はいます。
image
image
ただ、これって元々は藍斑ラメの選別漏れなんですよ。

白地に藍色が乗ったラメメダカなわけですが、そこに黄色が入ってしまう。
つまり藍斑ラメとしてはハジキの個体。

でも目線を変えれば「白・藍・黄」の三色メダカですね。
するとこのメダカの子供で黄色色素がない個体は「選別漏れ=藍斑ラメ」となるわけで。

言い方の問題ですけど、それもなんだかなぁ~な気がしてしまいます。

きっと非透明鱗三色と聞いて思い浮かべるのは「白・赤・黒」の鯉のようなはっきりとした色ではないでしょうか。
確かにそこが理想。

でもこれも非透明鱗三色。
この程度の三色ならば、すでに世の中にけっこういるはずです。
image
細かく分ければ各種特徴が違ってくると思いますが、ザックリ言えば似たようなもの。
斑メダカに幹之系の血をかけると、黄色色素って出てくるもの。
「灯・アカリ」なんかも黄色幹之ですしね。

いろいろやっているうちに出てきた品種なので、名前を付けたくもなる…。
とはいえ、作出と言えるような工程ではない。

なんともモヤモヤした難しい世界です。


来年はもう少し発信を増やしていきたいと思います!


そんな発信力ですが、アクア雑誌には一切載らない筑波めだか。
実はアクアじゃないメディアには掲載されました!!!

先見経済8月号の巻頭カラー特集!!!

image

先見経済は来年で80周年を迎える超歴史のある会員限定の経済紙。
そんな由緒正しき雑誌に取材オファーをいただきました!

先見経済は清話会という運営会社の会員にならないと見れません。
正直言って、会員さんの半分はリタイヤ・セミリタイヤをした元経営者の方が会員に多く、あまり一般的に馴染みのある雑誌ではありませんね。。
私も「先見経済」の存在を知りませんでした。


でも!
今回はコンビニにも売っている雑誌に載りました!!!!
競馬ブック・競馬ギャロップ

image
そう!
筑波めだかがかかわっている生産牧場の馬が、大きなレースを勝ちました(笑)
そして生産者として、口取り写真に参加してきました!
真ん中左の女性が馬主さんで、一番右が筑波めだかです。
40台くらいあるカメラがあるのに、まるで見当違いな方向を見てしまった(笑)

ユーチューブにもちょっとだけデビュー!!!

有馬記念は無縁ですが、知り合いの馬主さんが2番人気になりそうなので応援したいと思います。
いい年越しが迎えられますように…。


それと筑波めだかでは年末年始の予定は12月27日の発送をもって、年内は終了予定です。
年始はゆっくりさせていただいて、1月9日からスタート予定です。


あとさ!!
小僧か小娘、筑波めだかの社員として働きませんか???
待ってるぜ(笑)




可能な限り記事をアップしますので、ブログを覗いた度に毎回ポチッと下のリンクを押していただけると喜びます!!!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ