2014年04月

以前に紹介した琥珀ヒカリ


肉眼では深い琥珀色なのですが、写真だと照明の関係もあってかどうも飛んだ感じでした。

ようやく肉眼に近い色で撮れました!


まずは前回のビフォー

2014-04-13-17-54-06






こちらが新作
アフターです!!




2014-04-29-17-18-02




もう一丁!

2014-04-29-17-19-16





なんとゆうことでしょう



尾びれの発色は前回も綺麗でしたが、今回は頭頂部の琥珀色が伝わるでしょうか?


ヒカリ体型なので横見はもちろん威風がありますが、この琥珀ヒカリは上見でもかなり渋味のある品種です。



普通体型の琥珀だとちょっと地味かな??って思う時もありますが…

そこはヒカリ体型。
上から見た時にキラリと輝く部分が琥珀色のコントラストもあってとても綺麗です。




上からの写真は後日ショップページにアップしますね!!

【筑波めだか】の販売ページ

ここ数日、かなり天気がいいですね!

野外飼育池の水温も適温で安定しているためか、どの種類も活性が高く元気いっぱいです。


中でもこの子達↓

2014-04-23-11-34-01


楊貴妃透明鱗パンダ


餌くれダンスが強烈です(笑)

人影が右へ左へ動く度に、奴らも水面を波だてながら右へ左へ大移動。




……

………そんな可愛いことしたってね…



餌は適量しかあげませんよ!





【筑波めだか】の販売ページ

マイクロバブル精製時に、純酸素を使用しています。

病院とかにあるアレです。


もちろん配送時ににも、袋をパンパンに膨らませるために純酸素を使用します。

それがコレ

2014-04-22-15-57-53


ストレスを減らすためにも…
配送事故を防ぐためにも…

酸素とマイクロバブル水が何よりも重要です。


ただいま写真撮影を頑張っております!

この寒暖差も落ち着けば、メダカの調子もいよいよ上向いてきます。

ゴールデンウィーク明けくらいからの販売を予定していますので、再開まで今しばらくお待ち下さい
(・ω・)ノ


【筑波めだか】の販売ページ

さて問題です!!


なんてものでは有りませんが。
コレ。


2014-04-22-15-58-31



タマミジンコです。

越冬してまだまだ小粒でして、肉眼でもよく見ないとゴミなのかなんなのかわからないくらいです。

そろそろ特製のミジンコ専用餌を調合して爆殖させないと。

親への餌となるのはもちろん。

孵化した稚魚の桶は、なかなか水を交換できません。
ブラインなどでかなり汚れるのですが。

そこにこのミジンコを入れると、少なからず水質悪化を防げます。

凄いね。

自然の食物連鎖って。


【筑波めだか】の販売ページ

筑波めだかの琥珀ヒカリです。

筑波めだかの中でも、1・2を争うほどの元気な種類です。

よく食べて、よく泳ぎ、よく産卵する。


そんな琥珀ヒカリですが、どうも写真写りが悪くて(笑)


ヒレは流石の琥珀色。

体色も写真よりもコーヒー色と言うか、チョコレート色と言うか。

深い焦茶色をしているのですが。


写真だと体色が薄く写ります。
尾鰭は綺麗ですね!

なかなか納得のいく写真が撮れません(>_<)2014-04-13-17-54-06


もう少し腕を磨かなければ。



【筑波めだか】の販売ページ

↑このページのトップヘ