2015年03月

先日の小春日和で一気に水温が高くなりました。

最高で水温23度を記録。
これが二日ほど続きましたので、一気に卵を抱えたメダカも目立ちます。

でも今日の雨でいったん水温は下がり、昼まで15度ほどでした。

この時期の産卵は無精卵が多いこともあり、本格的な採卵はまだまだ先となりそうです。


とはいえ、モタモタしてるとすぐにそのタイミングとなってしまいます。
なので延ばし延ばし、見て見ぬふりをしていた桶を洗うことに。



去年の暮れ、最後に水を換えた桶
2015-03-19-14-00-15



雨水などが溜まり、汚れは底に沈殿したまま2015-03-19-14-00-02





そんな時はコレ!!

テレレレッテレーー!

2015-03-19-14-00-32

お~にぃ~ひ~と~でぇ~


鬼人手


カーケアグッズの一つで、車のホイールを洗う用に開発されたものです。
いくつかのメーカーから類似の商品が出ています。

PRO STAFF社から出ているこの鬼人手が一番しっくりきます。

まず手に対するフィット感。
厚みがある分、とても手にフィットします。

ただこの鬼人手をしたまま何かを握るとなると、一気に握力が奪われてしまいますのでご注意を。

そしてマイクロファイバー生地ということ。
まとまった汚れが付くとヌルヌルと汚れを塗り広げるだけですが、擦って落ちる程度の汚れにはバッチリ作用!


そんな鬼人手


見て奥さん!見て!
2015-03-19-14-00-45



いくわよ~
まばたき禁止!










見て見て見て見て!!
2015-03-19-14-00-56









ハイ!
2015-03-19-14-01-02




簡単な汚れならこの通り
2015-03-19-14-12-59



一番厄介なのは夏真っ只中にできる苔ね。
アイツは頑固だわ。

でもたわしで擦るよりも作業は早く進みます。



雨の中、孤独に洗うこと丸一日。
約40個ほどを洗浄完了。
2015-03-19-15-02-53


一休みしたところですが、夜になっても作業は続きます。2015-03-19-20-35-12



ちょっと新しい品種を迎えようと思うので、その下準備を済ませておかねば。2015-03-19-20-34-34





その品種はまた後程。




↓ポチッとお願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ

↑ポチッとお願いします!

【筑波めだか】の販売ページ

朝起き~の
o0477035411281191688



覗き〜の
2015-03-14-14-32-57


掬い〜の
2015-03-14-14-33-17


糞出し〜の
2015-03-14-14-37-40


さらに出させ〜の
2015-03-14-14-51-24


上見から選別し〜の
2015-03-14-14-37-46


横見から選別し〜の
2015-03-14-14-38-22


よく見〜の
2015-03-14-14-38-33


候補絞り〜の
2015-03-14-14-44-06


背曲がり凝視し〜の
2015-03-14-14-44-22


袋用意し〜の
2015-03-14-14-45-40


アクアセイフ添加し〜の
2015-03-14-14-46-13


マイクロバブル水注入し〜の
2015-03-14-14-46-33


酸素注入し〜の
2015-03-14-14-48-28


パンパンにご満悦し〜の
2015-03-14-14-50-34


発泡に入れ〜の
2015-03-14-14-55-26


包み〜の
2015-03-14-14-56-15


サービスの餌入れ〜の
2015-03-14-14-59-13


納品書入れ〜の
2015-03-14-15-00-31


梱包し〜の
2015-03-14-15-03-02


ここから開けてね〜の
2015-03-14-15-03-57






トツギーノ!
791005c595a0a3d1fbd2398a23b93864_400




新潟へはメダカも翌日に届きます!


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ

【筑波めだか】の販売ページ

忠犬ハチ公とは
生粋の秋田犬として秋田県大舘市で生まれたハチが、生後50日で鉄道で小荷物として運ばれて東大農学部の教授であった上野英三郎博士のところに来たのは、1924年(大正13年)の1月でした。
大の犬好きであった博士は、体の弱かったハチを自分のベッドの下に寝かせるなど細心の気遣いをして育て大いに可愛がり、大学や渋谷駅にいつも送り迎えをさせていました。
1925年(大正14年)5月21日、博士が大学で急死して突然の別れが訪れたのは、ハチが上野に飼われ始めて17か月の時でした。
ハチ公はその後、朝夕に駅に通い、改札口から出てくる人々の中に上野英三郎の姿と匂いを求め続けました。
ハチの心には、愛情に溢れる飼い主に可愛がられた日々の記憶が消えることがなかったに違いありません。


引用:ハチ公と上野英三郎博士の像を東大につくろう。より


hachikozo2008shibuyaeki3


ハチ公像と言えば、渋谷のシンボル。

携帯のない時代、待ち合わせの時間と明確な場所は必須。

「●時にハチ公の前で!」は合言葉のようなものだったはずです。

今でも「じゃぁとりあえずハチ公で」と言うほどですから。


渋谷を利用する皆に愛されていたハチ公。




一人じゃ寂しいだろ?

hachi-friend



ワサワサ集まってきた(笑)

BgfWoFLCEAA44_C





主人亡き後も、自身が亡くなるまで10年も渋谷駅に通ったという。


「渋谷駅を離れなかったのは、心から可愛がってくれた到底忘れることのできない博士に会いたかったのである。
ハチ公の本当の気持ちは、大好きな博士にとびつき自分の顔を思いきりおしつけて、尾をふりたかったのである。」







2015年3月8日は、ハチが亡くなって80年目。


そして90年ぶりに上野教授と再び出会えたハチ公がこちら。







001




先生…
涙で前が見えません…




にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ

こんにちは。筑波めだかです。
早速ですが今日はメダカの写真です。



ピンクパンダ
2015-03-09-14-51-04
2015-03-09-14-51-45







メダカには赤色色素というのが無いので、赤+白=ピンクという色味は出ません。
血液の赤や、透明鱗の重なり方などでピンクっぽく見える感じでしょうか。


なんとなく近い感じとしては、ウーパールーパーのような色??

スマホ写真なので肉眼で見るよりやや色味は異なります。
比較対象としてピュアホワイトを一匹紛れ込ませてみました。
2015-03-09-14-55-22
2015-03-09-14-56-12
2015-03-09-14-56-35


この血統は写真のように若干寸詰まりというか、コロンとした体型のメダカです。
半ダルマとはまた違うのですが、可愛らしい雰囲気です。





続きましては・・・

銀河
2015-03-09-15-00-59
2015-03-09-15-01-15


シルバーが主体の体色に、黄系や茶系の色が入るメダカです。
ちょっと今回はこの時期の池上げということで横見の写真は撮っていませんが、尾鰭にその気色味がうっすらと入って横から見ても綺麗です。
(どちらもスマホ撮影ですが、肉眼では上の写真の方が近いです)


上見からはやはりヒカリ体型独特の光彩ですかね。
銀色に乗る光なので、楊貴妃ヒカリ体型や琥珀ヒカリなどよりも光度が高い気がします。

特にヒカリ体型の光彩は、見る角度によってその強さが変わってきます。

どの角度から見てもキラキラしている幹之とかの輝きとはまた違って。
艶っぽいというのかな。
2015-03-09-15-00-59





ちなみに幹之も一匹紛れ込ませてみました。
2015-03-09-15-02-33
2015-03-09-15-02-43


やはり明らかに光の種類が違いますよね。

一番上の銀河だけ光っていますが、幹之の周りにいる4匹も光っています。
このように角度によってギラッとしたりしなかったり。

それもまた繊細で魅力。



筑波めだかでは12月頃から現在まで餌を与えていません。
そろそろ起こして餌やり始めます。

【筑波めだか】の販売ページ

来月のセールに向けて産卵即戦力となるよう、体力をつけさせておきます!


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ

↑ポチットしていただけると嬉しいです!!

飛行機に乗ってきたでおJAL

2015-03-04-12-58-09


2015-03-04-13-10-16
東京ディズニーランド・東京ディズニーシーという名の、千葉県アトラクションの上空を通過。






手前にスカイツリーを見ながらの~、奥が富士山の~、コンクリートジャンゴゥ。
2015-03-04-13-12-31
中央右に見える白い屋根は、東京ドーム。







前回は福岡県でしたが、今回の目的地がコチラ。

2015-03-04-14-21-10
マイナス1度の北海道です。





親父の出身が北海道なので、この土地に来ると少なからずシンパシーを感じますね。


高速を走っていると、途中の雪原で野生のシカと遭遇。
目的地は富良野ではないけど、頭の中ではさだまさしの歌声が響きまくっていました。
2015-03-05-10-00-22
2015-03-05-10-02-04





この道の先は海という絶好のロケーション
2015-03-05-10-04-03
「行きはヨイヨイ、帰りはコワイ」を悟って行かなかったけど(笑)
夏ならチャリで疾走したいところ。




なんと10時間前に産まれたゴールドアリュールの仔馬。
2015-03-05-10-09-33
2015-03-05-10-11-19
なまらめんこいわぁ。


再来年デビューのサラブレッドです。



半年前に買った自分のムートンブーツが、こんなオシャレな底模様だと知ったのはつい昨日こと。
2015-03-04-22-23-47

「なにこれ?なにこれ??」と、ついついスタンプ感覚で(笑)




で、観光ではなかったのですぐに内地へ戻ってきました。


帰りの飛行機は非常口横で、スチュワーデスさんが目の前という絶好ポジション。

「馬場様。緊急時にはご協力お願いいたします♡」と、名指しでお願いされる席です。


「オッケー!オッケー!! 任せておきな!!!」

と、もちろん快諾したものの、離陸前に爆睡。

まぁ緊急事態=墜落ですからね(笑)

結局ドリンクサービスも利用できぬまま羽田へ。


寄った先々にメダカはいなかったな…



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

↑このページのトップヘ