2015年04月

こんばんは。
筑波めだかです。

数週間後に来る産卵ラッシュに備えて、場内整理中でテンヤワンヤです。
ホテイ君の作成とか、効率よく管理のしやすい桶の並べ方とか。

あと数か月で販売可能な品種が倍以上になると思います。
筑波めだかオリジナル品種というのはありませんけど。。


そんな中でも毎年気を遣うのがミジンコです。
ブラインシュリンプは説明書通りの塩分と温度で作れば、まず失敗なんてありません。

でもミジンコは突然全滅してしまったり、思うように増えなかったり。
変な水中生物が繁殖してしまったり。


なので筑波めだかのミジンコは、メダカ以上に過保護にされています。

まずヒルやヒドラ等が湧かないように鶏糞を使いません。
オタマジャクシや飛来物も防ぐため、野外にも置かず通年ハウス内飼育です。
さらには網戸と同じネットでカバーをかけるという念の入れようです。

なぜこんなに面倒なことをするのかというと、その後の管理と作業が楽だからです。

これがミジンコ製造所?のミジンコ。

image
つまりとなるミジンコです。


これが稚魚孵化桶に行くと、よりたくさんの有機物を摂取して肉眼でもハッキリとわかるほどに2周りくらいの大きさまで成長。
image

写真でもわかるように、これではまだ稚魚は食べられません。
でもこのミジンコが産んだばかりの子ミジンコを追いかけられるようになれば、もうそこからは急成長。

それにこうして稚魚桶にミジンコを入れておくと、ブラインや粉餌の残りで水が汚れても浄化してくれます。
これが手をかけてまでミジンコを使う意味の、半分くらいのウェイトを占めています。

なのでグリーンウォーターにミジンコを入れると、数日で大きめの苔が底に沈んで水が透明になってきます。
ミジンコは天然の濾過槽ですね。


ミジンコにはタマミジンコ、ケンミジンコ、カイミジンコ等、何十種類ものミジンコが存在します。
餌に最適なのは殻が柔らかいと言われるタマミジンコで、筑波めだかでも純タマミジンコを培養しています。

しかもこのタマミジンコは九州の研究所で培養された耐久卵から孵化したもので、農薬等の物質が一切混ざっていないミジンコなのです!

そこまでこだわるの??

ということですが…
こだわりたい気持ちに応えてくれるこだわりの品があるのだから、そりゃこだわるでしょ(笑)
これが世に存在しないものなら諦めますが、ネットで調べてツテをたどればたどり着く世の中なのですから。

ミジンコ使用意義の半分は、天然濾過槽として。
残り半分は純粋に天然の餌としてですから、口に入るものなら農薬などを有していないミジンコの方がいいと思うからです。

じゃぁ田んぼにいるミジンコを救ってきてはダメなの?ということですが。
確実に農薬を浴びたミジンコだと思いますが、だからといってメダカが死ぬかと言えばまず死にません。

変な子供が生まれてくるかと言えば、おそらく気にするようなことにはならないでしょう。


なのになぜそこまで??ですが…
手元に「全く不安のないミジンコ」と、「もしかしたら不安かもというミジンコ」の2つがあれば、迷わず不安のないミジンコを使うでしょ?
逆に言えば、不安のないミジンコを使いたいなら耐久卵からこだわらないと意味がないと思っています。

趣味ならここまでしないと思います。
しかしメダカはお客さんの手元に行ってからの人生?魚生?の方が長いわけです。
ならばより愛情をかけたくなるようないいメダカを送って、よりメダカに長生きしてもらって、このストレス社会の中でも癒しを感じてもらえればと…メダカ販売者としては思うのです。

そのために幼魚時の育成方法で将来がかなり変わってくると思っています。


真面目な話、メダカに限らず生き物は赤ちゃんの時の栄養でほぼ決まる気がします。
人間は複雑なのでちょっとわかりませんけど。

品種改良という面では、サラブレッドも幼少期の飼葉で大人になってからの競争成績に多大な影響を及ぼすことがわかってきたそうです。

なので筑波めだかでは生まれてからブラインで栄養を取って、その後はミジンコを追いかけて骨格の基礎を作ることを目的としています。

これらは金魚や鯉の生産現場では大切にされている点ですが、メダカにも本当に必要かどうかは正直わかりません。
しかし「やらないよりは出来るならやってくれよ!」と、私が購入者ならそう思うのです。



そうなると今年のように、晩夏に生まれた稚魚もそれほど大きくなくとも越冬できるほどに丈夫に育ちます(と、思っています)。

今回セールで初めてお付き合いいただく方が多かったのですが、よく「しっかりしているメダカ」という言葉を頂けたのもここに由来するのではないだろうかと思います。

見えないところの地味な努力を評価されたようで、とても嬉しいです。
ありがとうございます!

セールは明日の23:59を過ぎると自動的に終了となります。
お買い上げいただいた皆様、誠にありがとうございました。
ご指定日の配送をお待ちの方々、もうしばらくお待ちくださいね!


話は戻りますが…

たまに赤いミジンコがメダカにいいなんてページを目にすることがありますが…




あれ、ただの酸欠状態ですから。


健康なミジンコはほぼ透明です。


「へ~そうなんだ」と、思って頂けたら、下のバナーをポチッとクリック協力お願いします!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

柄の選別もかねて三色の桶を水交換。

1匹だけダルマがいました。
IMG_1233
あいかわらず写り悪いけど…



好き嫌いはあると思いますが、私はダルマが好きです。
そして出目も好きです。

なので出目ダルマは小川直也と橋本真也がタッグを組んだくらい高揚します。

今後は品種を増やすのはもちろん、各ダルマ系の作出にも力を入れていきたいです。



※ご連絡です!

携帯アドレスで登録の方(質問の返信アドレスも含む)。

ほとんどの方がエラーで戻ってきてしまいます。
おそらくドメイン指定だと思いますので、解除の上ご登録いただきますと助かります。

「配送しました!」とか「配送番号はコチラ」などのメールも届きませんので、何卒ご協力お願いしますm(__)m


ポチッとクリックのご協力お願いします↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

こんばんは。筑波めだかです。

急にポカポカ陽気ですね。
風はまだ若干冷たいですが、日差しはなかなか強烈。
田植え前に日焼けしそうです。

今日は在庫を確認しながら、クリアブラウンをパシャリ。 image


飴色が綺麗なメダカで、特に白い容器で飼育するとより輝きそうなメダカです。
まだ未選別ですが、パッと見では背曲がりもなくいい個体に育ちました!

体全体に色が乗っているメダカなので、上から見ても横から見ても綺麗です。
上から見た方が綺麗なメダカが多いので、クリアブラウンのように横から見ても綺麗なメダカは貴重


セール期間も残り1週間を切りました。
本当に暖かいお言葉をかけていただいて恐縮です。

もちろん本心では「自信のあるメダカ」を厳選して送っていますが、「大満足です」と言っていただけると日焼けの甲斐もあるってものです。

これから急に大きくなってくる世代ですから、鑑賞はもちろん繁殖も楽しみなメダカ達です。
ちょうど本日から発送しているメダカの中には卵を抱いているメスもチラホラといました。

いよいよ2015年のメダカシーズン到来ですね!

今シーズン用に牡蠣殻もたくさん予洗いしておきました!
image
使用前にもう一度流水で軽く洗ってからご使用ください。




ポチッとクリックご協力お願いしますm(__)m
     ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

昨日は関東地方の暴風雨凄かったですね。
他の地域もそうだったのでしょうか?

メダカの飼育所も心配ながら、雨戸がガタガタうるさくてなかなか寝れませんでした。


昨日ご紹介の螺鈿光は売切れてからの登場でしたが、今日は螺鈿光同様に人気のあるこちら
image
image



小川ブラック!!


ホームページの写真だと、背景を白にしてあるので露出の関係で透明鱗のように見えなくもありません。
しかし実際にはこのように真っ黒です。

一眼レフでの写真撮影難しいんですよ。。。


養魚場ではグリーンウォーターなので余計に黒く感じますが、白容器の透明水でも黒さはさほど落ちません。


まぁカッコいいメダカです。
本当に潜水艦みたいで。


こちらはまだ在庫のほうはありますので、すぐに売り切れにはならないはずです。
ごゆっくりと吟味の上、検討中の方はこの写真も参考までに。


ポチッとクリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

こんばんは。
筑波めだかです。

本当に雨の多い4月ですね。
しかもシトシトではなく、やや強烈な音でビニールハウスを叩きます。

今日は気温も暖かいので、まるで初夏のスコールみたい。


さて大塚家具のセールとかぶってしまった筑波めだかのセール。

向こうはクミコの【935】値段設定で来たか…。
こっちも何か考えておけば良かったか…。

昔多摩センターの大塚家具にプーマのジャージにビーサン姿で買いに行って、なかなか担当者につなげてもらえなかったのはいい思い出。
人を見かけで判断してはいけないというけど、やっぱ見かけも大事だよね(笑)


さて、開催3日が過ぎたセールですが。
ブログで3月くらいから少し触れたこともあって、楽しみにしていただいた方がいらして良かったです!
あっという間に売り切れてしまったのが螺鈿光。
螺鈿光・光有1

写真を撮っていて気になって気になって仕方なかったんだけど…
よ~~くこの顔を見て。


もう一度よ~く見て。
とか口元あたりを。








フレディマーキュリー
似てるぅ!!
写真撮りながらずっと思ってました。




グラサンヒゲならでもいいじゃないか?
佐村河内
が出てきちゃうとも出てこざるを得ないだろう







nono

は聞こえにくいが、も聞こえにくいらしい。





だが彼はバッチリ聞こえている
ハルクホーガン
螺鈿光はこのヒゲ面ではないんだよなぁ。






ということで螺鈿光は2015年度産までしばしお待ちを。


ポチッとしていただける嬉しいです!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ




【筑波めだか】の販売ページ

↑このページのトップヘ