2016年02月

夜分に筑波めだかです。
淡々とした作業の毎日ですが。


先日満月の夜に愛犬が旅に出ました。
IMG_9277
約18年。
人間で言えば100歳に近い大往生です。

最近は壁に向かって吠えたり、目が見えず近づいて臭いを嗅ぐまで誰だかわからなかったり。
自力で立つのも難しいおじいちゃんでしたが…。

この日がそう遠くないだろうと覚悟はしていましたが、とはいえそれは何の前兆もなくやってきて。
彼なりのタイミングがあったようです。


犬は過去のことは気にせず、未来のことを心配せず、ただただ今を楽しく生きていて。
どんなに愛情を注いでもそれに飽きることなく、いつも全力で受け止めてくれて。

言葉が通じないのに心が通じる不思議な関係性。
真にお互いを分かり合おうとするからこそ、そこに人間付き合いとは違った情が生まれるのかなと。


正直、身近な人が亡くなった時よりも、悲しみが深いです。


ブログを読んでいる方は魚はもちろんのこと、犬や猫が身近にいる方も多いと思います。
この気持ちを共有してくれる人も多いのではないかと、勝手に想像しております。
なのでメダカに関係のない記事で、しかも悲しい内容ですが…。
気持ちのはけ口として書いちゃいました。


生き物を飼うということは、結局は人間のわがままにつき合わさせてしまっているだけ。
だからこそ愛情は惜しまずに接したいものです。


こちら茨城では梅の花が見頃です。
彼が駆けずり回っていた庭にも、今年もなんら変わらず花を咲かせています。

その数十メートル先で荼毘に付され、天に召されていく陽炎を眺めながら、物思いにふける1時間半。
image




ただただ感謝感謝
またいつか…ね。






ランキングに参加しています!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

こんばんは。
筑波めだかです。

本日はスドーのメダカ用品を紹介したいと思います。

まず飼育容器ですが、ジョイフル本田守谷店・荒川沖店・古河店の筑波めだかコーナーで使用しているのがこちら。
古河店は4色を
image

守谷店は黒四角と発泡を
image

荒川沖店は2色と丸・四角を
image
image



厚さはこのくらい。
image
この厚さのわりにはかなり頑丈な素材で、耐用年数も十分期待できそうです。

野外飼育の場合、結構紫外線の破壊力ってすごいんですよ。
スーパーとかにある発泡スチロールは、1年も使えば粉をふくような感じに。

衣装ケースのような素材で飼育していると、1年も持たずにバリッと割れてしまいます。

水槽はガラスが1年で劣化することはほとんどありませんが、ガラスを接着しているシリコン部分ですよね。

ひびが入って水漏れ、固くなってガラスの剥離など。

どんな素材でも寿命というのはありますが、この鉢はそういった心配があまりありません。
「丈夫で軽い」というのも結構大きなメリットです。
メンテナンスで丸洗いする時とかね。


そして何よりも色です!!!

メダカは黒い色の容器の方が綺麗な発色になります。

しかし黒い色の容器って、なかなかないんですよね。
睡蓮鉢などは内側が水色っぽかったり、薄緑色だったり。


せっかく気に入ったメダカを飼育するのであれば、そのメダカが一番かっこよく泳いでいる姿を見たいもの。
ならば、やはり黒い容器ですよ。
※品種によっては白い容器の方がいいメダカもいます。


ちなみに色も4色展開!
この写真は守谷店です。
image


こんな大きいのもあるよ!
image

このブログを見ている方には、近くにホームセンターが無い方も多くいらっしゃると思います。
そんな場合は通販を利用されると思いますが、肉眼で見た色味とスドーのカタログの色味はほぼ同じです。
スドーのその他容器はこちらで見てください↓
http://www.sudo.jp/petproducts/aq/fish_tank.html


ただ夏場は黒い色だと水温の上昇が早くなります。
ガラス水槽や陶器の器に比べれば、簾をかけたりと手間をかけなくてはなりません。


そんな手間を軽減させるには、発泡スチロールの容器の選択もアリ。
こちらも大・中・小と、3種類のサイズがあります。


あとは底砂の色を変えて楽しんでみたり。

焼き玉土もスドーから販売されています。 image
こちらは2色展開。
園芸用の赤玉土でもOKですが、焼いてあると玉土が丈夫です。


荒川沖店にはスドーコーナーがあり、たね水や塩、玉土や産卵ネットもあります。
image


守谷店には産卵床も各種用意!
image


なによりもスドーのスペシャルヒット作はこの網ですよ!!!
image

ブログにも何度か登場していますが、この網は本当に使いやすい!

市販の網、手作りの網、安い網からウン万円の網までいろいろと使ってきましたが、この網にまさる網はありません!

ってくらい使い勝手がいいです。

人それぞれ好みがあるので一概には言えませんが、筑波めだかではこのスドーの網が無くなってしまうと困るというくらい重宝しています。


店舗に足を運ばれた際にはメダカだけではなく、丸桶の雰囲気、四角い桶の雰囲気など飼育容器にも注目してみてください。

もう少し暖かくなったら飼育を始めようと思う方も多いと思います。
その時の容器選択肢の一つにでも。


こちらは北海道の友人、須藤さん。
image
image
image
「元気ですよ~」の写真がこれなら、かなり元気ですね(笑)
どうぞ風邪ひかないように。


ランキングに参加しています!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

こちらド田舎は強風で畑の砂埃が凄いです。
まるで前が見えないばかりか、家中シャリシャリしだしました。
毎年のことながらあと半月続くと思うと憂鬱な筑波めだかです。


本日は荒川沖店のご紹介
image
裏から
image

守谷店・荒川沖店共にとても見やすく、素敵な雰囲気で展示してくれています。

荒川沖店は棚造りをやらせてもらったので、感慨深いものがあります(笑)
image
image
image
image
ついこないだの作業だったのに、だいぶ昔のように感じます(笑)


ここから再び現在の状況!
こちらでは繁殖を見てもらおうと、水温や照明環境を整えた水槽です!
image


メダカ紹介のPOPはなんと手書き!
image
image
image
image
この説明書きは各メダカそれぞれあります!
杉チャンが書いてくれたようです!
アザース!!

上から見た方がいいのか、横から見た方がいいのかのオススメを★で書いてくれています!
特にガラス水槽で横から見たい場合、ぜひこの★を参考にしてください。




丸い桶で飼育したら、どんな雰囲気かしら??
image


四角い桶で飼育したら、どんな雰囲気かしら??
image
ん??
この奥の人…




関口さんです!!
image
ジョイフル本田・荒川沖店の筑波めだかを担当してくれています。
荒川沖店を贔屓にしていただいているお客様、筑波めだかに何かご要望がありましたら関口さんまでお願いします!




ランキングに参加しています!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

荒川沖店を紹介しようと思いましたが、本日琥珀光を発送したのでその写真を。

小嶋店長!
これが琥珀光ッス!!!!
image
image





黒い桶で飼育するとこんな色に。
image


いわゆる琥珀色です。
ただ水温が低く活性が落ちているので、やや濃すぎますね。


これを透明な容器に入れて5分も経つとこんな色に。
image


同じメダカとは思えないほど。


比較してみるとこれくらいの違いになります。
image
image
これ全て同じ容器から掬った琥珀光というメダカです。
この色の違いは容器の違いだけの自然現象。
飼育容器の色によって表現が変わることをご理解いただける写真だと思います。


このメダカは九州へ旅立ちましたので、到着まで今しばしお待ちくださいね!


過去記事ですが、琥珀光と黄金光を比較した記事↓
http://tsukuba-medaka.blog.jp/archives/1005089815.html



ちなみに昨日紹介のクリアブラウン。
image

日差しを浴びた透明容器だとこんなに綺麗です!
image
クリアブラウンは黒い容器よりも、このような透明容器や守谷店のグレー発泡容器がオススメ!!


琥珀光は色を楽しむなら黒めの容器かな。
でもヒカリ体型でヒレも優雅なので、ガラス水槽でも存在感ありますよ!



ランキングに参加しています!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

あまりにも夜間に冷えるので、小学校の体育館で使っていたようなストーブを買った筑波めだかです。
image
想像以上にめっちゃパワフル(笑)


さてさて。
今日はジョイフル本田・守谷店の雰囲気紹介です!!!!
http://www.joyfulhonda.com/jp/pet/52/a/

こちらが筑波めだかコーナーです!
image
裏から
image

このクリアブラウンはとてもいい色をしていますね!
image
クリアブラウンは黒い容器で飼育するよりも、白っぽい容器やガラス水槽での飼育がオススメ!
その方が発色が綺麗な飴色になります。
黒い容器で飼育した方が綺麗なメダカが多い中、明るい色の容器やガラス水槽の方が映える貴重な品種です。
体型もヒカリ体型なので、横から見ても鰭が大きくて優雅ですよ。


ちなみにこのグレーの発泡容器はスドーの商品です。スドー発泡
メダカ専用の発泡容器として販売されています。

玄関先や屋外飼育の場合は、この発泡素材が水温の変化を緩やかにしてくれます。
特に夏場はコンクリートなどからの熱伝導を緩やかにするには、絶大な効果があります。

よくある白い発泡スチロールでもメダカは飼育できます。
ただ発泡 の目が粗いので、水がしみてきたり耐久性に問題があります。

こちらはそのあたりを考慮されていますので、真夏や真冬でも安心して飼育できますね!

このグレー色も、クリアブラウンや小川ブラックなどと相性が良さそうな色ですよ。
底砂の色で変化をつければ、選択肢はもっともっと広がります!


こちらは錦秋
image

そして人気の藍斑
image

このマリンブルー、ヒレの光がめっちゃ豪華です!
クリアブラウン同様に、ガラス水槽でも白い容器でも楽しめる品種です。
image
ガラスに反射している赤い光は、後ろのカメさん達
image
このフロアーは魚だけではなく、爬虫類や鳥も豊富です!


守谷店では、どんな容器で飼育すればいいのか、オススメ具合も表記してくれています!
白系・黒系・水槽と★で表してくれていますので、どうぞ参考に!!

image
朱赤透明鱗は黒い色の容器が絶対オススメです!!!!


次回は荒川沖店です!!

ランキングに参加しています!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

↑このページのトップヘ