2016年06月

知り合いの子供が大好きなフィギュアを一生懸命に説明してくれました。
なんかのシリーズ物らしく、「これが〇〇!!こっちが〇××なんだ!!そしてこれが▲〇で、あれが~」と。

大人にとっては大して価値のないもでも、子供にとっては宝物。
逆に大人が大切にしていることが、子供にとってはどーでもよかったり。

事の本質っていうのはいったいどこにあるのだろうか?
そんな哲学的なことを考えていました。


するとその子が
「これはなんて名前だかわかる??」と。

『〇▽…だべ!?』




「違うよ!あんなに説明したのに、オジサン頭悪いんだねー!!」


と、怒られた筑波めだかです。
これからは一生懸命に話してくれている時は、興味のない話も真剣に聞こうと思いました。


ということで一応必要のない方も聞いてほしい。

筑波めだかオリジナル黒桶60リットル!!
7月中旬には販売開始の運びとなります。
また105リットル黒丸桶と110リットル黒角桶は大型商品となり、配送料もそれなりに高くなってしまいそうです…



が!


こちらの黒角桶60リットルは数個までなら宅配サイズでいけそう!!!
黒角桶60
送料確定には、実際に梱包した実物を持ち込んで協議しないとならないのですけどね。
現時点では最大何個までが可能かわかりませんが、「2つ3つくらいを~」なんてお考えの皆様には嬉しい報告が出来るかと。


このメダカ黒飼育容器は、水草や睡蓮なども楽しみたい人には本当にオススメ!
適度な水深が水中の世界観を広げてくれます!!(哲学的)



ちなみにこれらすべての「メダカ飼育容器黒色」は、日本が誇る世界のプラスチックメーカーである(株)サンコープラスチック社製です。

「なにを大げさに…」
と思わないでください!

プラスチックというのは当然ながら、自然素材ではなく化学素材です。
つまり人体に有害なものが含まれる可能性が大なのです!

そして今回の容器は黒色。
つまり再生材などいろいろなものを混ぜ込んでも、最終的に黒にしてしまえば分らない!!
製造業界にとっては、黒というのは非常に非常に助かるのです。

裏を返せば、「何を使われているかわからない…」と。

なんか染み出てこないの?
耐久性はどうなの?
本当にまともな素材で作ってくれるの?


そんな不安を払拭するために、国内メーカー一択でした。
正直海外メーカーで似たような商品をもっともっと安く作ってくれそうなところもありました。


でもね、
安けりゃいいってもんじゃないんだよ!!



こだわって、手間かかって、金掛かって、ある意味めんどくさいから、趣味って素晴らしいんだよ。
その中でより安いものを探して、楽な方法を見つけて、いい意味で手抜きをするのが面白い。

でもその根底には、それらすべての商品に安心と信頼があるってのが絶対的な前提条件。


校庭に入ったら鼻血が出ちゃったり、加湿器使ったら死んでしまう…
こんなにも楽しみが一瞬にして悪夢に変わってしまうような不幸がある??

だから筑波めだかでは、(株)サンコープラスチック社の信頼と安心を熱望したのです。
皆様にはメダカを含め信頼して購入していただけるからこそ、製造元にも信頼のおける会社を選ばせていただきました。


もう少ししたら実物が届きますので、使用感はその時にまた!!


可能な限り記事をアップしますので、ブログを覗いた度に毎回ポチッと下のリンクを押していただけると喜びます!!!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

このブログ、最もたくさん検索されているワードは


ミジンコ


です!

過去に1度か2度書いた程度なのですが、なのに今でも根強いミジンコフィーバー!


なのでちょっとミジンコの話でも。

ミジンコと一口で言っても、たくさんの種類がいます。
メダカ含めて最も魚に大人気なのが
タマミジンコ
です!

タマミジンコは身体の殻が柔らかく、泳ぎも早くないためにとても嗜好性が高いのです!
カイミジンコとかケンミジンコとかいろいろありますが、メダカの反応の良さは雲泥の差。

メダカのためにミジンコを!
と思うのであれば、タマミジンコ一択です!!



餌で有名なテトラ社
index_img_01
このテトラ社のシンボルマーク(右端の)がタマミジンコです。
tetra社

トリビアの泉だったら、73へぇ~!!くらいは貰えるネタ。
つまりそれくらいタマミジンコは自然餌の王様なんですね!!


筑波めだかでは、相変わらず研究施設で培養されたタマミジンコの耐久卵から孵化させています。
ホウレンソウパウダーやドライイーストなど試しましたが、やっぱり安定しているのは鶏糞ですね。
ただ鶏糞にもいろいろ種類がありまして。
筑波めだかでは…どの鶏糞だったか忘れてしまったので、後で写真撮ってきます(笑)

ちょいとツーンとする臭いが…アンモンニアなのかな。
あの刺激臭は牛糞には無いニオイなんですよね。

学生時代の仲間たちは、臭いがキツイ人のことを
「あいつオイニーツイキーだよ」(ニオイ・キツイ)なんて言ってましたが、まさにそんな感じ。
鶏糞はオイニーツイキーです。。


鶏糞も入れすぎると水が腐敗してしまいますので、使用量には注意が必要です。
筑波めだかでは、ミジンコの桶に網戸のネットを被せています。
昆虫や微生物にとっては鶏糞水は最高のごちそうでしょうから、呼んでない奴らが来てしまいます。。

そんなこんなで次々と孵化してくるのを、スープ作りの鉄人並に真剣なまなざしですくい。
image


あげる!!!
image
水面が波立つほど藍斑がテンパってます(笑)

ただ管理している桶がそろそろ400を超えてきたので、量を考えても全部のメダカにミジンコは難しいです。
なのでまずは孵化したメダカ達へ優先的にミジンコを与えています。
image

ミジンコの動きで食欲が促され、自ら本能的に泳いでいい骨格が形成されるとかされないとか
日陰でじっとしていたらあまり丈夫な骨格は出来なさそうなので、「いい骨格が形成される」方を信じてみたいなと(笑)
あとはミジンコが水をろ過してくるので、水替えが出来ない稚魚のためにも一石二鳥!


最近はメダカの世話よりも

わ~!
今日もミジンコいっぱいだぁ~!!
image

ってのが日課です。


可能な限り記事をアップしますので、ブログを覗いた度に毎回ポチッと下のリンクを押していただけると喜びます!!!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

明日は今年一番の暑さだとか。
一昨日がそれほどでもなく、今日は暑く、明日はもっと暑い。

人間もメダカも具合が悪くなる季節ですね。
思いの外なかなか具合が悪くならないんだけど、猛暑は気が重い筑波めだかです。


さてさて。
今年度通販で一番人気はなんと

東天光!!!
※写真なし…すみません。。


負けず劣らず人気なのが…
マリンブルー口先光!!!
※写真なし…すみません。。。

現在品薄でご迷惑をお掛けしております。
なるべく早く追加できるように頑張ります(♀メダカが)!!


本日は名付け親のバンビ様の元へ、初めて香墨が旅に出ました。
image


こちらの販売もなるべく早く!


またお問い合わせをいただいております黒桶の件。
大体のサイズや送料をまとめてみたいと思います!

その発表は今しばし!


可能な限り記事をアップしますので、ブログを覗いた度に毎回ポチッと下のリンクを押していただけると喜びます!!!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

日よけ用のタープを買い、この時期なら多少の雨も雨よけになってちょうどいい!
そう思ったものの、早速雨水がタープの一部に溜まってしまい思惑が外れた筑波めだかです。

皆さんに知恵を絞っていただいたネーミング。
このメダカの名前が…
決定しました!!

image
image
image
image


香墨(かすみ)

命名者:東京都在住のバンビ様
命名理由:最高級の墨汁のように黒く、また泳ぐたびに水中に墨のいい香りが、漂いそうだったので。香墨(かすみ)とさせていただきました!

クゥ~~~ッ!!!
イカス!!!



墨の香りを「墨香」と書いて「ボッコウ」と呼びます。
または「香り墨」と呼ぶことも。

このメダカは「香墨」と書いて「かすみ」です!!

茨城といえば霞ヶ浦も有名。
カスミという響きも共鳴しそうです。

ホームセンターといえばジョイフル本田
銀行といえば常陽銀行
スーパーといえばカスミ

ちょうど2年前にも同じようなコト言ってた(笑)
http://tsukuba-medaka.blog.jp/archives/2014-06-16.html

茨城を代表する大企業の響きと同じというのもなんか縁がありますよね。

そして香墨で調べてみると、「渡辺香墨(わたなべこうぼく)」という偉人の名も。
1866年慶應2年5月27日) - 1912年大正元年)12月28日)、日本の法律家俳人
正岡子規門人台湾俳壇の基礎を作った一人。
Wikipediaより

彼の出身地がなんと茨城県稲敷郡!!
こんな偶然もあるのですね。

香墨は、いろいろと縁のある名前のようです。


「黒い体色のヒカリ体型」という以外は、具体的な特徴があるわけではありません。
しかしここに至るまでに掛け合わせてきたいろいろな血があります。
この系統が累代していくうえで、その潜在遺伝子がラメやヒカリの色、ヒレの形状など更に変わった表現をしてくれるのではないかと期待をしています。

その先には「香墨系統」という形で愛されていけば嬉しいです。

命名していただいたバンビ様はもちろんの事、本当に皆様ご応募ありがとうございました。
東スポと日刊競馬以外の文字は読まない筑波めだかにとって、博識高き名前の数々は勉強させていただくことばかり。

黒の別名、比喩、形状等…

「そんなの教科書何ページに書いてあった??」ってくらい、知らないことだらけでした。

しかし本当に「乙」というか「粋」というか。
感心させられることばかりでした。

いろいろ発表したいネーミングがあるのですが、皆様別の場所やまたの機会があると思うのでここでは控えさせていただきます。


また筑波めだかにも多くのコメントをお寄せいただき、感謝いたします。
こんなにも応援してもらい、期待頂き、愛されていたとは思いもよりませんでした。

その期待を常に超えていけるよう、日々精進してまいります。
香墨と筑波めだかを今後ともご贔屓によろしくお願いいたします。


香墨の販売は、来月上旬を予定しております!
今しばらく!



可能な限り記事をアップしますので、ブログを覗いた度に毎回ポチッと下のリンクを押していただけると喜びます!!!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

ヒリヒリした痛みよりも、針で刺されるようなピリピリした痛み。
「急に焼くとこうなるよね!」ってわかっていても、どうしようもない筑波めだかです。

今日は牡蠣殻のお話を。
筑波めだかで取り扱っている牡蠣殻は、広島県で加工された牡蠣殻です。
牡蠣の産地広島県。
筑波めだかが取引している業者様は、牡蠣を剥いた後に出る殻を陸上で数年放置。
雨と天日で塩分を抜き、自然のちからで乾燥させています。

砕いて様々な大きさのチップ状にしたり、焼いて品質成分を換えたりという事もされています。
筑波めだかでは鑑賞という点と、簡易に使える素材として一切加工をしていない牡蠣殻をチョイスしています。

砕くとアルカリ成分が溶け出しやすくなりますが、使用量の調整は必須。
機材を使ってペーハーを計りながらやらないと、ペーハーショックで魚が死んでしまいます。

「焼くと多孔質になりバクテリアがつきやすく、ろ過能力が上がる」とも言われています。
しかし焼くとモロくなるということ。
難しい話で忘れてしまいましたが、熱を加えることでカリウムと何かがどーしたこーしたしてしまうとのこと。。
(今度もう一度聞いておきます。。)

いろいろ考えた結果、「ゴロゴロしたものをそのまま使おうぜ!」ということに。

汚れたらそのまま取り出してタワシでシャカシャカすればいいですし、その取り出しやすさは利点です。
見た目的にも自然を感じられますし、隠れ家などレイアウトの一つとしても使えますね!


筑波めだかでは、販売前に予洗いと選別をしております。
image
image


牡蠣殻が複数枚くっついてしまうことも。
image
image
成分に何ら影響を与えませんが、見た目的にどーよ??
こんなのは砕いてしまえば何の問題もありませんが、やっぱりそれなりに見た目にはこだわりたいお年頃。
なのでこういう癒着してしまったものや、あまりに小さすぎるものははじきます。


広島のカキは、サイズ的には小ぶりです。
どうやら穏やかな海流の魚介類は小さくなる傾向だとか。
なので瀬戸内海の魚も小ぶりなものが多いそうです。

たしかに潮流のきついところのアジとかって、「これアジかよ!?」ってくらい大きかったりしますものね。
ということは、メダカも水流を強くすれば大きく…なりません(笑)


話を戻して牡蠣殻ですが、サイズ的にはこんな感じ。
手のひらにすっぽり収まる感じ。
image
image
image
image


今ブログ書きながら見つけちゃったけど、なんとなくのサイズ感的にはこんな感じ(笑)
image

フジツボなんかもたまについていたりします。
image


天然ものなので、ある程度の重さやサイズのばらつきはご了承ください。
出荷前にはこうして予洗いしていますが、お手元に着いたら使用前にもタワシ等で洗ってくださいね。

「そもそもなんで牡蠣殻を使うのか??」ってお話はまたの機会にゆっくりと。



それとネーミングの件、多数のご応募ありがとうございました!!!
本当に皆さん良く考えていただいて恐縮です。

この後数日かけて吟味させていただきますので、発表までしばしお待ちください!


可能な限り記事をアップしますので、ブログを覗いた度に毎回ポチッと下のリンクを押していただけると喜びます!!!
クリックのご協力お願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ ブログランキングへ


【筑波めだか】の販売ページ

↑このページのトップヘ